2004年06月09日(水曜日)

夜を這うもの

 もう日も落ちた六月の夜の九時すぎに
 雨上がりの黒く濡れたアスファルト
 飲み屋のネオンが照らす道を
 チャバネゴキブリが歩いていた
 水に足を取られるのかなんなのか
 体を重そうにのそりのそりと

 そんなゴキブリを詩にするなんて
 なんだかチャールズ・シミックみたいだと苦笑しつつ
 少なくはない人通りの下を
 かいくぐるように這うゴキブリを思い出す

 暗い夜に黒い道路、漏れた光に浮かぶゴキブリ
 誰も気付かずにまたいで過ぎ去り
 ゴキブリはゆっくりと前に進む
 僕は気付いて足をかわして
 ゴキブリはゆっくりと前に進む
 東京の夜の雨上がりに
 濡れた黒い道を進むゴキブリ

Trackback on "夜を這うもの"

以下2件のトラックバックはこのページのエントリー"夜を這うもの"を参照しています。

このエントリーのトラックバックURL: 

» uggs sale boots

  • 2014年12月03日 06:10
  • from uggs sale boots

ayum's note-__$__: __ [続きを読む]

» coach travel bag

  • 2015年04月10日 19:48
  • from coach travel bag

ayum's note-__$__: __ [続きを読む]

Comment on "夜を這うもの"

"夜を這うもの"へのコメントはまだありません。