2003年08月03日(日曜日)

熟成されたウィスキーのように

 ウィスキーは年を経る毎に深みを、香りを増していく。5年他より多く年を経たウィスキーには、その5年を経ただけの価値がある。それは時間というものが他の何ものによっても代替することのできない、何よりも貴重なものだという意味以外においても。純粋に物質的かつ感覚的な基準によっても。

 ウィスキーが正しく年を経るにはやはり、相応の労力がいる。ただ放っておけば若者が老賢人になるわけではないように。僕らも、年をとる。僕らは、時とともに価値を高めていくことができるのだろうか。熟成されたウィスキーのように。

Trackback on "熟成されたウィスキーのように"

以下2件のトラックバックはこのページのエントリー"熟成されたウィスキーのように"を参照しています。

このエントリーのトラックバックURL: 

» †捫††敲††††慰

  • 2014年12月26日 06:28
  • from †捫††敲††††慰

†畭††潴††††††  [続きを読む]

» †捨慥††††慮†慧†併†整

  • 2015年02月14日 19:52
  • from †捨慥††††慮†慧†併†整

†畭††潴††††††  [続きを読む]

Comment on "熟成されたウィスキーのように"

"熟成されたウィスキーのように"へのコメントはまだありません。